最新のブラウザをご使用ください

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。

結露

広島の木

壁の中の結露の話

春になって、たくさん服を着なくてもよくなってきました。

朝、アルミサッシまわりの結露水の拭き取りから解放されて嬉しい、という方もおられると思います。

 

 

今回は、結露に関する内容です。

 

木造住宅の性能について、「耐震性能」とか「断熱性能」というのは、注目度が高いものですし、分かりやすい等級も設定されていますので、少し研究するとだれでもそれなりに知識を得ることが出来ます。

でも、地味なところで、それらの性能が損なわれることがあります。

その一つが、壁の中で起きる、「壁体内結露」による腐朽です。

 

知らないうちに土台や柱が腐ったり、断熱性能が低下して、本来の性能が発揮できないようになってしまいます。

 

現代的な考え方の木造では、これらの問題はほぼ意識しなくても良いレベルになりました。

でも、少し前の住宅だと、増改築等で壁を撤去した時、腐朽菌によって躯体がボロボロとなっている、というのは珍しい話ではありません。

 

 

 

壁体内結露を発生させなくする方法は、

1 室内で発生する水蒸気を、壁の中に入れないようにしつつ、入ってしまった水蒸気は外に排出するようにする。

2 1の対策をした上で、断熱性能を上げて露点温度(結露するポイント)を壁の中にしない。

3 生活の中で発生する水蒸気量を少なくしたり、適切に換気をする。

などがあります。

 

2は、単純に断熱の性能です。

3は、生活スタイルにも関することなので、一概に「こうすればいい」というのも難しいところもあると思います。

ちょっと考えなければならないのが、1のことです。

 

水蒸気を壁の中に入れないようにするためには、室内のコンセントや、シート等の防湿性能のある素材の選定と、それらの施工方法が重要です。

これらは、十分な知識と施工経験、施工管理体制があれば問題ないものと思います。

 

そしてもう一つの、水蒸気を外に排出する部分。

最近の住宅は、耐震性能を向上させるため、ボードや合板などで建物をぐるりと覆ってしまいますが、これが水蒸気の排出を妨げないようにしなければなりません。

一応基準として、「透湿抵抗比」というものがあり、「水蒸気が室内から壁に入る時の抵抗値よりも、外に出る抵抗値のほうが何倍も少ないよ」、というものを満たせば良いとなっていますが、

建築は人が作るもの。隙間なく完璧に、そしてその状態がいつまでも保たれる(地震などで建物が動いた後でも等)、ということはなかなか難しいものです。

 

この解決策としては、建物を覆う材を、水蒸気が良く通るものにすることだと考えます。素材から対策を取る、ということです。

このあたり、昔の日本の家が、柱などを外部に露出させて水蒸気をどんどん外に逃していく造りになっている、という所に通じるものがあるのかもしれません。

 

全記事一覧

Category

新着情報