最新のブラウザをご使用ください

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。

構造の工夫

丈夫で保冷温できる、箱。

 

 

 

 

住宅は、言い方が荒いかもしれないが、

 

 

「丈夫で保冷温できる箱」のようなものだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

極論でいけば、住まい手が快適で安心できることに尽きるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

ただし、デザインをそっちのけで言っているわけではなく、

 

デザインする部分は多様にある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手によく触れる椅子や机。

 

 

 

 

空間を照らす灯り。

 

 

 

 

食事を楽しくする食器。

 

 

 

 

モノをしまう収納家具。

 

 

 

 

周辺環境と調和する庭。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いま、日本では空き家が問題になっている。

 

 

 

しかも、次の住まい手が放棄した空き家も多くあるという。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が計画している住宅は、未来の空き家、になってほしくない。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのときに、どう考えて線を引くか。

 

 

 

立ち止まって考えることがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えていくと、シンプルな家に行きつく。

 

 

 

住宅は、住む人が快適で安心できる空間を内包できていればよい。

 

 

 

 

デザイン、個性を付け加えていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな家づくりが、未来の空き家を減らしていかないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スケールが大きくなったので、話を戻しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅と家具・照明、一緒に考えましょう。

 

 

 

 

 

 

 

写真は、アアルト自邸。

 

 

設計 ささき

 

 

全記事一覧

Category

新着情報