最新のブラウザをご使用ください

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。

風土を読む

地鎮祭について

これから、家を建てる。

 

それは、とても大きな出来事です。

 

 

たくさんのモノが動き、ヒトが動き、お金が動く。

 

昔から、建築とはその象徴的な出来事でした。

 

 

そして、工事の平穏無事と家族の健勝を祈願して行われる「地鎮祭」。

 

 

その歴史は古い書物にも記録されています。

 

 

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

以下、HOME’S PRESSより引用。

 

地鎮祭は日本最古の歴史書『日本書紀』にも記録されている。

時は持統天皇五年(西暦691年)十月二十七日。

「使者をつかわして新益京に、地鎮の祭をさせられた」と端的に記録されている。
新益京とは現在の奈良県橿原市にある藤原京の別名で、

持統天皇にとっては自分が造営する初めての都となる重要な土地。

当時持統天皇は飛鳥浄御原宮(現在の明日香村)に居住しており、

大した距離ではないことを考えれば、地鎮祭は天皇自らが祭祀を行わねばならないほど重要な祭とは

認識されていなかったのかもしれない。
地鎮祭は土地神への建築許可を願うものだが、祝詞に登場する神々は産土大神(うぶすながみ)、

大地主大神(おおとこぬしのおおかみ)、埴安姫大神(はにやすひめのかみ)、

屋船大神(やふねのおおかみ)の四柱が多い。以下、それぞれの神様がもたらす意味を説明しよう。

 
産土大神:

その人が生まれた土地を守る神で、

その土地で生まれた人の一生を見守ってくださる存在と考えられていた。

地鎮祭に登場する産土神は、これから家を建てる土地の守り神を指すと考えられるが、

建築主が自らの守護神に「この土地へ引っ越しましたが、これからもよろしくお願いいたします」と

改めてお願いする意味もあったのかもしれない。

 
大地主神:

この土地を守護する神のこと。家を建築する許可はこの神から受ける。

 
埴安姫大神:

埴土(粘土)の女神で、陶器の守護神ともされる神。土壁の家にはふさわしい神様だ。

 
屋船大神:古くから御殿を守護する神と考えられてきた、

木の神である久久能智命(くくのちのみこと)と

草の神である草野比売神(かやのひめのかみ)を指す。

 

引用終わり

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

 

古くから、自然に対して人間は畏怖の念を抱いてきました。

そして、神々に失礼がないようにさまざまな儀式が行われてきました。

 

 

 

それは、今も変わりません。

いつの時代も、人々が安全や発展を願うということは続けられています。

 

 

 

 

山根木材もこのしきたりは大切にしており、家を建てられることの重要性を込めております。

式の流れなどは、ホームページに掲載しておりますので一度ご覧になってはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

設計  柴田

 

 

 

全記事一覧

Category

新着情報