最新のブラウザをご使用ください

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。

風土を読む

ヒュッゲな暮らし

 

少し前からですが、テレビや雑誌で「hygge(ヒュッゲ)」という言葉を

 

よく見かけるようになりました。

 

ヒュッゲとはデンマーク語で、日本語で一言に訳すのは難しいようですが

 

「居心地のよさ」や「精神的な幸福感」「周りとの一体感」といった意味合いが含まれる、

 

生活様式やライフスタイルを指す言葉です。

 

 

 

 

広島創業のベーカリー、アンデルセンさんは1980年代から「ヒュッゲ」という言葉を用いており、

 

広島の方には馴染みのあることばかもしれません。

 

 

 

 

・・・・・・・

 

 

 

 

デンマークの冬は長く厳しいもので、

 

朝の8時40分くらいまで太陽は昇らず午後3時30分にはすっかり日が沈んでしまいます。

 

1月から2月は、温度計が氷点下を上回ることはめったにないそうです。

 

そうすると自然と長くなる家で過ごす時間を少しでも温かく、楽しく、心地よいものにして、

 

大切な家族や親しい友人と一緒にほっこりとして過ごそうというのがヒュッゲの概念です。

 

 

 

 

あついバブルバスにゆったりと浸かる時間、

 

温かいコーヒーの入ったマグカップを片手に家族と暖炉を囲む時間、

 

休日の朝パジャマのままでお気に入りのイスに座って外を眺めながらスープを飲む時間。

 

そんな時間の過ごし方がヒュッゲであるといわれています。

 

 

 

 

 

・・・・・・・

 

 

 

 

 

こうして改めてヒュッゲということばの意味をみてみると、

 

周辺環境や住まい、ライフスタイルと密接に関わっているなと感じました。

 

 

 

忙しい毎日の中で、上記のようにゆったり過ごす時間は

 

なかなか設けることができないかもしれませんが、

 

家族の集まるダイニングテーブルはこだわったものを選んだり、

 

キッチンの良く見える場所にお気に入りのタイルを張ったり、

 

四季で表情を変える木々の見える窓をリビングに設えたり、、、

 

 

 

 

 

b5b0e1ed6b3396783fdde7c95c0643c1506ff160

 

 

 

 

 

住まいにちょっとした工夫を加えることで、

 

それに触れるたび毎日ちょっと幸せでほっこりした気持ちになれるのではないかと思います。

 

 

 

 

 

住まいを考える際には、ヒュッゲな時間の過ごし方も一緒に考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

わたしも、広島らしいヒュッゲな暮らし方をこれからも考えていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森貞

 

 

 

 

 

・・・・・・・

 

 

(出典)https://ddnavi.com/review/412611/a/
       http://greensnap.jp/search/tags?id=7971

 

全記事一覧

Category

新着情報