最新のブラウザをご使用ください

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。

風土を読む

とまをあらみ

 

 

秋の田の かりほの庵の とまをあらみ 我がころも手は 露にぬれつつ

 

 

天智天皇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とまをあらみとは、

 

 

 

 

 

 

屋根に使っている茅の編目が粗いこと。

 

 

 

 

 

 

 

編目が粗く、降った雨が伝って服を濡らしている様子を詠んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

切なさを含んだ、情景が浮かぶ歌であるし、

 

 

 

 

天皇でありながら、農民の生活の一部を詠んでいるところに驚く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この歌にあるような、

 

 

 

 

雨が内側に入るような家は最近聞かないが、

 

 

 

 

 

昨今の局地的に短時間で降る大雨のことはしっかり考えておかなければならない。

 

 

 

 

 

先日 新潟では、地震があった翌日に大雨が降るという状況も起きている。

 

 

 

 

 

さらに、上から降る雨だけではなく、

 

 

 

 

 

川の氾濫や

 

 

 

 

 

土砂災害を含めた

 

 

 

 

 

 

複眼的に考えていく必要がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地域や、周辺環境、地盤など 注意深く見る点は多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絶対安全な場所はないので、建てる場所で最適な計画ができるよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんなものに目を向けていこうと思う。

 

 

 

 

 

写真: 安芸太田町 井仁の棚田

 

 

全記事一覧

Category

新着情報