最新のブラウザをご使用ください

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。

広島の木

エネルギーと人

 

人は、エネルギーを利用して活動しています。

 

 

仕事だと、

 

電気を使ってPCを操作し、

 

石油を使って車を運転しています。

 

 

生活でも、

 

電気を使って調理や、TVを見たり、

 

ガスを使ってお湯を沸かしたり、暖房したり。

 

 

でも、エネルギーは有限です。

 

国際エネルギー機関(IEA)によれば、2040年には2014年に比べて

 

1.3倍のエネルギー消費(地球規模)となることが予想されています。

 

石油に関しては、今までのように採掘を続けていくと、あと約50年後には枯渇すると言われています。

 

電気がつかない、火がつかない、そんな生活をイメージできるでしょうか。

 

 

ここで、エネルギーについて考えてみます。

 

エネルギーについて、非常にわかりやすく、かつ、可愛らしいサイトを見つけました。

 

リンク:http://www.sbenergy.jp

 

 

住宅におけるエネルギーは昔から様々な考え方があります。

 

最近では、ZEH(ゼロエネルギーハウス)。

 

家のエネルギー消費量と太陽発電など創るエネルギーの収支がゼロになる家のことです。

 

他の考え方でいえば、LCCM(ライフサイクルカーボンマイナス)があります。

 

これは、建築資材の製造、建築工事、日々の生活、解体までで排出するCO2が

 

創るエネルギーと比較して、生涯でCO2収支がマイナスになる考え方です。

 

 

 

創エネルギーとしてわかりやすいのは、太陽光発電ですね。

 

他には、地熱発電や風力発電、バイオマス発電などがあります。

 

再生可能エネルギーを上手に活用して、有限のエネルギーをできるだけ使用しない。

 

 

 

 

家として、高気密高断熱は当たり前ですが、エネルギーの上手な使い方、

 

こちらも学んでいき、将来子どもたち・孫たちが、

 

エネルギーで困らないようにしておかなければと思いました。

 

 

 

 

設計 佐々木

 

 

 

 

全記事一覧

Category

新着情報