最新のブラウザをご使用ください

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。

快適に暮らす

情報質量と家。

 

 

 

 

みなさん、スマート端末はお持ちだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スマホ、タブレット、スマートウォッチ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらは、日々の暮らしを大きく変えた存在だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むかし、情報をもつことは重い(ある意味疲れる)ことだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辞書や書物は、蔵や倉庫に大切に保管されていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが次第に、手軽なものに変わっていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主に、電子化が容易にできるころになってだが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電子辞書などは、数十冊・数百冊分の情報がコンパクトにまとまっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、それがさらにスマート端末(というか検索エンジン)によって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらゆる端末から情報が閲覧・収集ができるようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

収納場所も問わない、とても便利な存在になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真だって、端末のアルバムに膨大な量が保管してあり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に現像してアルバムにしようと思うと、とてつもない量になるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、全部それだとしっくりこない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとうに大切なものや、愛着のあるものは、現実に傍にあってほしいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目に見える形で、身近なところで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外と、それがその人の個性として表れたりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家はどうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家は、器のようであり、個性もあらわしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうどいいバランスで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住む人の情報が整理され、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住む人の個性が表れる家を考える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

情報は形を変えて、時代とともに増えているが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家の中で変わらない部分も、大切にしていきたい。

 

 

 

 

 

 

設計

 

全記事一覧

Category

新着情報