最新のブラウザをご使用ください

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。

快適に暮らす

土間と暮らす

シューズクロークなどの玄関土間収納は、いまや住宅を計画するうえで多くの方が取り入れる空間のひとつになっています。

 

土間は昔から日本家屋に当たり前に存在する空間でした。

 

かまどを据えて炊事を行ったり、畑で採れた農作物の保存場所にしたり、作業を行ったりと多様な使われ方をしてきました。

 

家の中ではあるけれど、土足で動きまわることができ、汚れたものを置いたり水を使った作業も行うことができる。土間というのは、家の外と中をつなぐ中間領域のような、曖昧な空間の一つでした。

 

 

 

現在は家事を行う場がキッチンや洗面所に移り、広い土間を設ける家庭は少なくなってきました。

 

しかし、その曖昧さで暮らしにさらに彩りを添えてくれる可能性を秘めている土間を、収納としての用途以外でも暮らしに取り入れるケースが増えています。

 

 

 

たとえば、玄関に広い土間空間を併設すれば、趣味の自転車のメンテナンスやアウトドアグッズのコレクションをする場に。机と椅子をおけばカフェのような家族や友人が集う応接スペースに。

 

リビング近くに設ければ、手作業が趣味の方の作業スペースやsohoに。外部とリビングの間に設ければ外と中をゆるやかにつなぐ現代風の縁側にもなります。

 

 

 

このように、使い方が自由自在で、古くもあり新しさもある土間という空間。

 

ライフスタイルに合わせて上手に土間を取り入れることで、生活にゆとりをもたらし、価値の向上につながるかもしれません。

 

 

 

設計 森貞

 

 

全記事一覧

Category

新着情報