最新のブラウザをご使用ください

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。

快適に暮らす

新しい時代、新しいカタチ。

 

 

 

 

 

新元号 発表がありました。

 

 

 

 

気持ちも新たに、平成からの転換に拍車がかかることでしょう。

 

 

 

 

 

住まいにおいては、近年大きく変化しており、

 

 

これからも、大きく変わると思われます。

 

 

 

 

 

 

IoT

 

 

 

 

 

住宅の性能値

 

 

 

 

 

AIの導入

 

 

 

 

 

災害時への備え

 

 

 

 

 

人口減少

 

 

 

 

 

超高齢化社会

 

 

 

 

 

コンパクトシティ

 

 

 

 

 

 

 

 

住居とは、日々の生活であり、家族の営みであり、その人の象徴にもなります。

 

 

 

 

出典:高山市観光情報 吉島家住宅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからの住居をつくるわたしたちは、経験と想像を踏まえて提案していく必要があります。

 

 

 

 

しかし、さらなる変化として、人の変化も考えなければなりません。

 

 

 

 

海外では、普及が進んでいる「体内へのICチップ」

 

 

 

 

 

 

日本国内でも、30人程度いるそうです。

 

 

 

 

 

 

出典:https://www.tokyo-np.co.jp/ (東京新聞)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人体への影響を懸念して、まだ発展途上の技術ではありますが、

 

 

 

安全で便利であることが解決するとしたら、加速度的に普及するのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

また、住居にも連携する可能性だってあります。

 

 

 

 

想像を超えるようなことが、起こるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おもしろいことが起こりそうな、新しい時代。

 

 

新しいカタチをつくっていければと思います。

 

 

 

 

 

 

全記事一覧

Category

新着情報