最新のブラウザをご使用ください

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。

快適に暮らす

夏を快適に

「明日は『猛暑日』となるでしょう。『熱中症』にご注意下さい。」

 

このようなニュースが聞こえてきてもさほど違和感が無くなったように思う。

 

皆がネクタイを外して仕事をするのが当たり前になったように、

 

家にいることさえも危険となったように、

 

夏はただひたすらに暑く、そして長くなり、春や秋を感じられる期間が少なくなった。

 

一方で、エアコンが当たり前の昨今では、冷房過多、室内外での急激な温度変化による体調不良を訴える方も増えているらしい。

 

夏はどんどん暮らしにくい季節になっている。

 

 

 

 

では、晴れの日が多く、温暖な広島エリアで、夏に快適な暮らしを実現するためには、何をすべきか?

 

特にここでは「日射遮蔽」の重要性について考えたい。

 

熱の出入りの半分は窓からと言われ、

 

更には窓から侵入する熱の大半は日射によるものと言われている。

 

そして、遮蔽は窓の内部よりも外側で対応する方が効果的である。

 

窓自体への熱の侵入が軽減されるからだ。

 

 

 

 

庇は、雨除け、建物の劣化対策、防暑対策の観点から重要な建築的要素とされている。

 

遮蔽を第一に考えれば、出が深いほど良いが、

 

一方で採光量の低下や冬期の日射取得の低下を招く可能性がある。

 

そのため、バランスの良い寸法設定が必要となってくる。

 

地域により異なるものの、「住宅省エネルギー基準」によれば、

 

窓下から庇下までの高さをHとすると、軒の出は0.3H以上とするのがベターとされている。

 

そうすると、バランスよく日射取得量をコントロールでき、

 

年間を通じてエネルギーロスの少ない快適な暮らしを実現することができる。

 

加えて、窓周辺に付属部材を設けるのも有効。

 

具体的には、軒に吊るす「すだれ」や緑などに立てかけて使う「よしず」の他、

 

出を調整できるオーニング。

 

これらを効果的に組み合わせれば、最大で90%程度の日射熱の侵入をカットすることができる。

 

また視覚的な楽しみも増える。

 

窓周辺の工夫次第で、夏はまだまだ楽しく過ごすことができるかもしれない。

 

 

 

 

設計 伊東

 

 

 

 

出典:HEAT20設計ガイドブック HEAT20設計ガイドブック作成WG:編 ㈱建築技術

 

全記事一覧

Category

新着情報