最新のブラウザをご使用ください

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。

快適に暮らす

磯野家に関する断熱的考察

 

 

放送開始50年を迎える「サザエさん」

 

 

 

 

 

 

 

 

時代設定は、1970年代ということで現代から約40~50年前ということになる。

 

 

 

 

 

そこで、磯野家の住宅を現代の断熱指標を基に考察してみる。

 

 

 

 

 

 

これが磯野家の間取り。

 

 

 

俯瞰してみると、アニメが浮かんでくる。

 

 

 

 

間取りの形状は、昔ながらの「田の字型住宅」

 

 

 

 

 

廊下の長い平屋住宅という、けっこう贅沢な空間構成となっている。

 

 

 

 

 

断熱性能というところでいうと、壁体・サッシなどの断熱性能が関係するが、

 

 

 

 

 

 

もちろん磯野家にどんな断熱材を使用しているかなどの資料が見つからないため、

 

 

 

 

 

アニメから推測してみる。

 

 

 

 

ちなみに、断熱材の変遷は著しい。

 

 

 

出典:https://www.asante.co.jp/insulating/in01.html

 

 

 

 

 

 

まず、基礎。

 

 

 

出典:サザエさん

 

 

 

 

写真を参考にすると、一部独立基礎の布基礎。

 

 

 

 

 

 

断熱材が施工されているか不明だが、無断熱の可能性が高い。

 

 

 

 

 

 

 

次に、壁体。

 

 

 

 

室内真壁で外張り等の断熱がされている気配がないため、

 

 

 

 

施工されているとしても、薄い断熱材と考えられる。

 

 

 

 

 

サッシは、上記写真で木製サッシ(単板ガラス)、

 

 

 

 

 

冬季、サッシ枠で結露は起きないかもしれないが、

 

 

 

 

 

 

ガラス面で結露が生じる可能性が高い。

 

 

 

出典:http://www.ads-network.co.jp/dannetu-keturo/dannetu-03.htm

 

 

 

 

 

 

この表では、木製サッシは高性能な部類ではあるが、これは複層ガラスであるためで、

 

 

 

 

 

単板ガラスでは、断熱性能は期待できない。

 

 

 

 

 

 

 

次に、間取りについて。

 

 

 

HEAT20という基準で計れば、

 

 

各部屋の温度差むらについても示されており、

 

 

 

HEAT20 G1仕様で 7~8度以内、

 

 

 

HEAT20 G2仕様で 4度以内とされている。

 

 

 

 

 

 

磯野家で特筆すべきは、トイレだろう。

 

 

 

 

 

外部に多く面していることと、暖房室からの距離が離れているため、

 

 

 

 

 

温度差が大きくなる。

 

 

 

 

 

 

温度差によるヒートショックが起きやすい状況といえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

波平とフネが心配。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「健康寿命」にも裏づけされるように、

 

 

 

 

 

 

住宅の断熱性能というのは、健康に大きく影響しているのである。

 

 

 

 

 

 

 

磯野家に、もし、建替える機会があるとすれば、

 

 

 

 

 

断熱性能の高い住宅へ建替えるというのがよい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「サザエさん」に、そんな回があるとすれば、絶対に見たい。

 

 

 

 

 

 

 

 

全記事一覧

Category

新着情報