最新のブラウザをご使用ください

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。

快適に暮らす

寒涼性と温熱性。

 

二十四節季の「大暑」は過ぎたが、まだまだ暑い。

 

 

 

 

 

 

 

 

近年の夏は、世界各地で平均以上の気温を記録し、

 

 

 

 

 

普通の過ごし方では、対応しきれないことも起きている。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

 

 

 

 

すべてを機械設備に頼っていては、未来はもっと暑くなるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、今回は「食」について。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルは、フードコーディネーターの清水加奈子さんが

 

 

 

 

記事の中に載せた言葉。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建築のことでいえば、地域分類かなと思ってしまうような言葉だが、

 

 

 

 

 

 

 

これは、「食べ物」の性質のこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べ物には、体温を上げたり下げたりする効果があるという。

 

 

 

 

 

 

たとえば、体温を下げる性質の食べ物でいえば、

 

 

 

・ナス

・きゅうり

・小麦

・トマト

・そば

・バナナ

・梨

・・・

 

 

 

 

など。

 

 

 

 

 

 

 

 

これを読みながら思ったこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷やし中華の効果はすごそうだ、ということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に

体を温める効果のある食べ物は、

 

 

・しょうが

・シナモン

・鶏肉

・エビ

・もち米

・長ネギ

・・・

 

など。

 

 

 

 

 

 

 

お鍋の具は、素材自体にも効果があったんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほかにも、大豆なんかは発酵することで、

 

 

 

 

 

 

寒涼性にも温熱性にもなるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べ物も、奥が深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑い夏を体温を下げる効果のある食べ物を活用して

 

 

 

 

 

 

快適に過ごしていくのも大事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節を過ごすとき、自分の体を変化させていくことも

 

 

 

 

 

乗り切るコツかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

清水さんの記事のリンク先 「マルコメ」

https://www.marukome.co.jp/marukome_omiso/hakkoubishoku/20190314/10791/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設計  佐々木

 

 

全記事一覧

Category

新着情報