最新のブラウザをご使用ください

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。

快適に暮らす

暮らし方の転換期

 

 

 

 

 

 

来年は 東京オリンピック

 

 

 

 

 

 

しっかり楽しむために いろいろな実証実験がされている

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえば、交通渋滞の緩和に向けた実験

 

 

 

 

 

 

 

高速道路を閉鎖したり 信号機の間隔を変えたりと

 

 

 

 

 

 

 

うまくいけば 選手の移動 観客の移動が快適になる

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一方で 渋滞をつくっている人数(通勤する人々)を

 

 

 

 

 

 

減らそうという取り組みもある

 

 

 

 

 

 

 

 

いわゆる テレワークだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただこのテレワーク メリットもデメリットも含んでいるようで

 

 

 

 

在宅勤務をした場合 通勤しなくてもよいが 残業時間は減らないという

 

 

 

 

 

 

アンケート結果もあった

 

 

 

 

 

 

また、シェアオフィスで働く場合には 実際のオフィスよりも環境が

 

 

 

 

 

整っていない場合が多く また機密情報の取り扱いなどで不満もあるようだ

 

 

 

 

 

 

 

 

テレワークできる仕事と できない仕事があるので

 

 

 

 

 

 

 

仕事によってバランスを取りながら社会がスムーズに動けばよいと思う

 

 

 

 

 

 

 

シェアオフィス

 

 

 

 

 

 

 

きっと そういう流れができ始めている2020年以降は

 

 

 

いろんな暮らし方ができていると思う

 

 

 

 

 

 

 

暮らす場所であったり

 

 

 

 

 

 

 

暮らす家の在り方だったり

 

 

 

 

 

 

 

 

いままでなかった空間の要望が出たりするかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

それに応えていけるよう 準備をしておかないといけない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広島県は昨年 内閣総理大臣からSDGs未来都市(持続可能な開発目標)の選定を受けた

 

 

 

 

 

 

 

 

選定された地域

 

 

 

 

 

 

地方創生の一環として 掲げられた取り組みである

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅に大きく影響する取り組みではないが まわりまわって

 

 

 

 

 

変化が起きると考えている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広島という地域も変わり 人々が住む家も変わっていく

 

 

 

 

 

そのとき 人が快適に暮らす という原点は忘れず

 

 

 

 

 

つくっていければと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全記事一覧

Category

新着情報