最新のブラウザをご使用ください

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。

快適に暮らす

スマートタウン

 

 

ご存じですか

 

 

 

 

 

 

 

 

スマートタウンという、ちょっと未来の街づくりが

実験的に進められています。

 

 

 

 

 

 

家のひとつひとつがスマートハウスでありながら、

街全体で、エネルギーや車などもシェアしていくような

イメージです。

 

 

 

 

 

藤沢スマートタウン パナソニックより

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、見学したのは綱島SST(サスティナブルスマートタウン)というところで

藤沢スマートタウンとは異なり、街に住む人が利用する拠点といったもの。

 

 

 

 

 

綱島SST(サスティナブルスマートタウン)

パナソニックより

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショッピングモールや企業が入る建物などを配置して

それらの建物のエネルギーマネジメントを集中して行う街となっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

様々な技術が搭載されており、今後の街の機能としていろいろな試みがあった。

 

 

 

 

 

 

 

環境センシングという機械が街に配備されており、

これは大気の様々なデータを観測できる。

「万能百葉箱」で、気温、湿度はもちろんPM2.5などの情報も収集できる。

 

環境センシング  パナソニックより

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらには、水素ステーション。

 

 

 

 

 

 

 

水素ステーション ENEOSより

 

 

 

 

 

 

 

これは、街のカーシェアリングで水素自動車を配備し、

水素自動車の燃料補給所として運用している。

この地域に住む人で水素自動車を持っている人も利用できる。

 

 

 

 

 

 

気軽に水素自動車に乗ることもできるので

これは普及するためのひとつの方法として有効だと思った。

 

 

 

 

 

水素自動車  ホンダより

 

 

 

 

 

 

 

 

エネルギーの最適管理や街全体の環境分析など

 

最新の技術で便利になることはたくさんあると感じた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で、

そもそも、これらは人の生活に欠かせないものになるのか、

という疑問も感じたのが正直なところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過剰では意味がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機械を作ったり、動かしたりということも、

極論「しない」ことがいちばんエコである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大切なことは、バランスであり

過度に求めすぎないことかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近年の気候変動をみても、

異常気象が毎年のように発生している。

 

 

 

 

 

 

 

 

その中で生活していく我々には、

機械に頼らない知恵や工夫が必要になることも

考えておかなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原始的な生活をして、

身につけていくのもひとつだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうだ、キャンプに行こう。

 

 

 

 

 

設計 佐々木

 

 

 

 

 

 

全記事一覧

Category

新着情報