最新のブラウザをご使用ください

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。

快適に暮らす

いまも、むかしも。

 

 

 

 

山根木材では、毎年1月に釿始式(ちょうなはじめしき)を執り行います。

 

 

 

 

 

家を建てる棟梁とともに、平安を祈願します。

 

 

 

 

 

 

その式中にはいくつか大工道具が出てくるのですが、

 

 

 

 

 

 

 

その中に、釿(ちょうな)という道具があります。

 

 

 

 

 

 

 

出典:建築用語集

 

 

 

 

 

持ち手が湾曲した独特な形をしていますね。

 

 

 

 

 

これで、丸太から必要な形状まで削っていました。

 

 

 

 

 

 

これは、現代ではプレーナーやはつり機という機械に代わっています。

 

 

 

 

 

 

昔は、電動工具などなく、すべて人の手で木材から切り出し、

 

 

 

 

 

寸法を合わせて組み立てていました。

 

 

 

 

 

人の手のすばらしさを感じます。

 

 

 

 

 

 

そして、釿と機械の仕上がりの違いとして、

 

 

 

 

 

加工した表面の美しさに違いがあります。

 

 

 

 

 

 

機械で加工した表面は、均一で平らな仕上がりとなりますが、

 

 

 

 

 

釿は、少しずつ削り取る加工方法なため、表面は平らではありません。

 

 

 

 

 

 

出典:松本城

 

 

 

 

 

 

写真の柱は、釿で加工された表面です。

 

 

 

 

 

 

微妙な凹凸が、時を経て美しい表情を出しています。

 

 

 

 

 

 

手仕事の記憶をとどめているようですね。

 

 

 

 

 

 

最近では、この表面加工(名栗といいます)が施された

 

 

 

 

フローリングもあります。

 

 

 

 

 

 

もちろん、その加工は機械がおこなっていますが

 

 

 

 

昔、あたりまえだった加工方法は、デザインとして現代にも残っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山根木材は今年110周年を迎えます。

 

 

 

 

 

温故知新で、これからも快適な家づくりをしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

設計